頭皮湿疹で頭がかゆい!頭皮の白い皮がむける

大量のフケで自己嫌悪…

筆者の頭皮湿疹は正式には皮膚科で「脂漏性皮膚炎」と診断されました。

この脂漏性皮膚炎というのは、頭皮だけでなく、顔面にも症状が出るそうで、筆者も例に漏れず、頭皮だけでなく

首筋・うなじ

耳の裏の付け根

おでこ、額の生え際

などにまで湿疹(脂漏性皮膚炎)が拡がってしまいました…

 

少し順を追って話すと、頭皮湿疹を発症した初期の頃は

とにかく頭がかゆい!

だから頭をかく!

ゆえに大量のフケが出る…

という状況でした。

 

フケが大量に出る… というのはショックでした。

でも、今から思えば、こんなのはまだまだ序の口でした。

私は頭皮湿疹(脂漏性皮膚炎)の恐ろしさを何も知っちゃいなかったのです。

巨大なフケ? 頭皮のカタマリ?

そんなある日のことでした。

いつもどおりに頭を掻いていると、爪の先に何か引っかかるものがあるのです。

これは何だ???

と思い、爪ではがすと、巨大なフケ? いや、これは頭皮の皮?

よくわからないけど、大きなフケ・頭皮のカタマリがごっそりととれたのです…

頭皮湿疹で巨大な大きなフケ

この巨大なフケが大量に発生した時には、相当ショックでした…

これはいよいよヤバイぞ…

と。

でも、でもです、恥ずかしい話しですけれども…

この大きな頭皮のカタマリを爪ではがすと、とても気持ちがいいのです。

快感なんです。

ものすごくスッキリとするんです。

そう、私は頭皮の大きな皮のカタマリを剥がすことがクセになってしまったんです。

私がフケ中毒だった時… バカだよね…

当時、私は独身で会社の寮に住んでいました。

だから自室にいる時には、絶え間なくずっと自分の頭皮(大きなフケ)を剥がしていました。

ずっと、頭をかいて、爪先で頭皮のカタマリを探しているのです。

そして頭皮のカタマリを見つけた瞬間に、

やった!

と思いながら、爪の先で端っこから、なるべくそのフケのカタマリを破壊しないように注意しながら、慎重にはがすのです。

それで、大きなカタマリを壊すことなく、ちゃんと剥がせた時には、

やった! 最高記録だ!

なんて思ったりもしていたのです。

中毒

ですね…

フケ中毒? 頭皮剥がし中毒?

そんな言葉はないと思いますが、その時の私はまさにそんな感じでした。

そして、そんなバカなことがクセになっていた私に、当然のことながら、悲劇が襲いかかります。

職場で、取引先で、私は大恥… 

侮辱・屈辱を嫌というほど味わうことになりました。

(この記事、明日につづきます)

当ブログで一番読まれている記事
↓  ↓  ↓
頭皮湿疹の治し方【体験談をシェアします】
頭皮湿疹の治し方ミニバナー